大阪府初導入の新型歯科用CTスキャン 『AUGE』

大阪の歯医者デンタルクリニックT.T.C.大阪の歯医者デンタルクリニックT.T.C. ホームクリニック情報院内設備 > 新型歯科用CTスキャン

大阪で初導入の新型歯科用CTスキャン

当院2階には新型の歯科用CTスキャンがございます。大阪で初導入された新型歯科用CTスキャンによる、高精度な画像を用い、正確な画像診断のもと安全・安心の歯科治療を提供いたします。

新型歯科用CTスキャン「AUGE(オージェ)」

歯科用CT「AUGE(オージェ)」は、画像診断における多彩なニーズに対応するために、撮影モードをカスタマイズできる新発想のアーム型X線CT診断装置です。 「AUGE」はドイツ語で「目」という意味です。

「AUGE」を開発した(株)朝日レントゲン工業は、国産レントゲンで被曝線量が少なく高精細画質な撮影が可能な特徴を持つことで、歯科用レントゲンの分野でシェア50%を誇ります。歯科用CTスキャンに関しても早くから研究開発に取り組んでおられ、近年では堺市重度障害者センターに導入されたモンスターCT機「Alphard」はじめ「PSR9000N」や「Alioth」など純国産製の高性能で高精細画質の歯科用CT装置を開発してきました。これらの歯科用CTスキャンを開発してきた最先端技術を集約し“いいとこ取り”して生まれたのが、「AUGE」です。

新型歯科用CTスキャン「AUGE」

「AUGE(オージェ)」の優れた特徴

高精細画質

(株)朝日レントゲン工業のレントゲンは優れた画質で、大学病院や総合病院に数多く導入されています。そして、「Alphard」、「PSR9000N」や「Alioth」などの人気高性能CT機を世に送り出し、その開発で培った最先端技術はこの「AUGE(オージェ)」に見事に集約されており、歯科領域で求められる高細画質を可能にしています。

通常の歯科用CTスキャンは画像スライス幅が0.5~1ミリスライスの画像で構成しています。しかしこれでは口腔内の歯の形態や歯根の状態を観察するには、精度が低すぎます。新しく開発された歯科用CT「AUGE(オージェ)」では、画像のスライス幅は0.1ミリで構成しています。そのため、非常に精度の高い検査がおこなえるのです。

高精細画像

多彩な撮影モード

CTモードのほかにもパノラマ、セファロ、上顎洞、顎関節の撮影ができ、インプラント、虫歯治療、矯正歯科、顎関節症等、幅広い症例を「AUGE」1台で診断することが可能です。

金属による画質の低下を軽減

従来の外国製歯科CTスキャンではCT撮影時の回転が180°程度のため口腔内に金属の冠や詰め物が入っている部分はアーチファクトと呼ばれる障害で十分な画像をとることができないことがありました。「AUGE」では、金属によるアーチファクトを低減するために360°回転するCT撮影撮影方式を採用しています。それにより、アーチファクトによる画像のぼやけをおさえて、シャープで高細なCT画像を得ることができます。

広範囲と詳細モード選べる撮影範囲

「AUGE」の撮影範囲

インプラント、歯周病、全顎的な診断で用いる広範囲撮影モード「インプラントモード」のほかに、ボクセルサイズが0.1mmで高精細に一部分を撮影できるデンタルモードがあります。

診断したい部位を確実に撮影することができる「予備撮影機能」

歯科用CTは口腔内を高い精度で診断するための撮影装置ですが、患者様はそのために放射線を被曝しなくてはいけません。現在、最新の歯科CTの被曝量は医科用の10分の1ともいわれており、安全性は高いですが撮影範囲の狭い機種や画質の悪いアジア製歯科CTなどでは、失敗によるCTの再撮影もしばしば行われています。患者様に放射線を被曝させるCT撮影に再撮影は絶対にあってはいけません。「AUGE」では予備撮影機能により撮影範囲を画像で確認することができ、パソコン上で撮影範囲を修正することができます。そのため、診断を行いたい部位を正確にとらえて撮影することができますので、患者様に余計な被曝を与えません。

CT撮影時の頭部固定

CT撮影時の頭部固定

近年の歯科用CTスキャンは医科用CTスキャンに比べてかなり高精細な画像を得ることができるようになりました。0.1ミリという非常に小さいボクセルサイズ画像をつくるため、撮影時に患者様の頭をしっかり固定できる歯科用CTでないと、撮影中に患者様がわずかに動いていまい、画像がブレてしまいます。特に根管治療の診断などは歯の内部の細くて小さい神経を検査するので、わずかな画像のブレが影響してしまいます。(株)朝日レントゲン工業が、長年培った歯科用CTスキャンの技術を活かして撮影時に患者様の頭部が動かないよう、確実に固定できるように位置付けができ、根管内部の詳細な診査を可能にしています。

患者様にやさしいフリースペース設計

撮影時患者様の位置は大きなフリースペースがありますので、圧迫感なくリラックスして撮影することができます。さらに、体の不自由な方でも車イスのままでCTを撮影することができ、患者様にやさしい設計となっております。当院はエレベーターも完備しておりますので、車イスのまま2階のレントゲン室まで移動し、撮影が可能です。



このページの上まで戻る


東大阪市で年中無休の歯医者 土曜・日曜・祝日・年末年始も診療
東大阪市(布施・河内永和・河内小阪・俊徳道・高井田)、大阪市(生野区・平野区・東成区・天王寺区)
八尾市、大東市、生駒市、奈良市など様々な地域から来られています。